Warning: Undefined array key "page" in /home/c6252937/public_html/tv2han.info/wp-content/plugins/batch-cat/admin.php on line 147

LTEとWIFI

LTEというのは、新しい携帯電話の通信規格で、日本では今、第3世代の通信システムが採用されていますが、その上を行くものです。
次の世代の新しい通信方式がLTEで、第4世代と目されるもので、今後、これが主流になることでしょう。
現段階では、3Gと4Gの中間技術がLTEとされていることから、3.9Gと呼ばれることがよくあります。
速度はもちろん、場所によって変わってきますが、基本的にLTEの場合、端末の3倍近い速さを実現しています。
優れた速度を持つLTEは、アプリや音楽、動画などをスムーズにダウンロードできる魅力があります。

LTEを利用すれば、画像の多いサイトなどでも、実に素早く、また簡単に閲覧することができます。
モバイルノートPCなどに先行して採用されているのがWIFIで、LTEとは一線を画するものです。
いつでもどこでも無線で高速通信できるというのがWIFIの売りで、LTEとはまた別の路線を指向しています。
LTEとWIFI は、技術的に相違がある通信期格なのですが、速度に関してはほぼ互角となっています。
3G通信の数倍の速度で通信が可能なのが、LTEとWIFIで、非常に速度が速いという共通点があります。
日本では、UQWiMAXというサービスが人気で、WIFI人気も、LTEにヒケをとりません。

LTEよりも数年前から先行して登場していて人気があるのがWIFIで、スマホやタブレットにもしっかりと対応製品があります。
また、LTEの場合、データ通信量が7GBを超えた場合、通信速度が制限されることになりますが、WIFIにはそうした制限はありません。
そして、対応エリアについてもLTEとWIFIには違いがあり、WIFIのサービスの開始の方が2年ほど先行していて、対応エリアがかなり広くなっています。