Warning: Undefined array key "page" in /home/c6252937/public_html/tv2han.info/wp-content/plugins/batch-cat/admin.php on line 147

LTE3G

基本的にLTE3Gと言うのは、周波数帯を利用したもので、移動時の通信速度が非常に速くなっています。
下り では100Mbps、そして上りでは 50Mbpsを実現していて、LTE3Gの速度能力といのは、実に高いレベルを堅持しています。
海外の一部を皮切りにして密かにスタートしたのがLTE3Gなのですが、日本国内でも、最近にわかに台頭してきました。
2010 年末にドコモがXiというシリーズで、LTE3Gを打ちたてたのですが、当初はあまり反響がありませんでした。
東京都心などから一部エリアのサービス開始という形であったため、LTE3Gの浸透はイマイチでした。

LTE3Gは、様々なメリットがあり、それはまず、多値変調 のOFDM、MIMO などによって、かなりの高速化が望めるところです。
また、ALL-IP 化と分散制御によって、上位網の大幅な簡素化が可能であるところも、LTE3Gのメリットと言えます。
そして、周波数利用効率の大きな向上が期待出来るところもLTE3Gの魅力で、この場合、下りで 3〜4 倍程度が見込まれています。
周波数利用効率については、LTE3Gの場合、FDM との単純比較においても、2 倍あると言われていて、その有効性は極めて高いと言わざるを得ません。
3G の置き換えではなくLTE3Gの場合、HSDPA/HSUPA のような展開を想定しているところが強みです。
長期的可能性として見ても、LTE3G はALL-IP 構成で、低遅延の VoIP が見込まれます。
そして、基地局設備の開発状況についても、LTE3Gは、非常に興味深く、今後が楽しみな状況です。
端末機についてもLTE3Gは、開発が日々研究されていて、その進化は、まさに日進月歩の感があります。
そして、LTE3Gの場合、次世代 PHSにもサービスインしているので、今後の動向が益々注目されるところです。
まさにLTE3Gの速さは秀逸で、これまでの待ち時間というものが、ほぼ皆無と言っていいくらいの速さを実現しています。