こどもホスピス

こどもホスピスの存在が与える価値や印象、皆さんはどう思われますか。
しかも、子供の場合は病気の進行が速かったり、癌以外にも様々な治療困難とされる病があり、余命に期限を付けられる子も少なくないのです。
しかし、我が子をこどもホスピスに入れるという事は、回復を目指す治療をしないという事ですからね。
成人、それも高齢者をホスピスに入れるというのとは全く話が違って来ます。
その選択を迫られる親にとっては、必ずしもこどもホスピスは天国への入り口だとは思い切れないという事です。

こどもホスピスは欧米でもそれほど歴史のあるものではありません。
世界初のこどもホスピスは世界初のホスピスと同様、英国に開設されました。
今からおよそ15年ほど前の事で、その後日本からも多くの医療関係者が見学や研修に訪れています。
そして日本では現在、大阪のキリスト教病院にこどもホスピスが設置されています。
しかし、子供が自分の意志で入るというよりは、やはり親の意思で入れるという事になってしまいますから、どうしても是非が問われてしまうんですね。

こどもホスピスの大きな仕事の一つに、我が子を旅立たせた後の家族の心のケアというのがあります。
これは勿論、成人患者を対象にしたホスピスにも必要な事ではありますが、親が子供を失うという悲しみは苦しみであり、想像を絶するものがあります。
故に、そうした子供を亡くした後の親の精神的ケアは、こどもホスピスにとっては最も重要な任務なのだそうです。
ただ、ホスピスで最後の一時を過ごした子供たちの多くは、自分が生きていた価値というものをそれなりに実感して旅立って行くとも言われています。
ただ、こどもホスピスについてもっと詳しく関連のブログやサイトなどで勉強してみたいという気持ちはあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。