ホスピスという施設

ホスピスは末期癌の患者さんを主流にした緩和ケア施設で、最近は終末期医療の選択肢の一つとしてすっかり定着しました。
人生の最後位、あえて自分を酷使せず、穏やかに過ごしたいというのは、きっと誰もが願う事でしょう。
そんなささやかな願いとも言える願いを叶えてくれるのがホスピスという施設。
今ではこうした緩和ケア施設の数も随分増え、下世話な言い方ではありますが、人気のビジネスになっていると言っても過言ではないでしょうね。
けれど、実際にホスピスの施設運営に携わっていらっしゃる方は本当に大変だと思います。
やはり人間、自らの死を悟れば、穏やかになる反面、どうしても投げやりになってしまう部分も否めないからです。

ホスピスは立派な医療施設ではありますが、その方針は決して医療的サポートだけにとどまりません。
多くの場合、病院ステイというより、別荘ステイとでもいいましょうか、自由奔放な施設作りをモットーにしています。
これはホスピスという施設自体の設計もそうですし、その中で展開するケアそのものにおいてもそうです。
ですから、それなりの何かと合理的でアクティブな施設設計になっているのですが、そこで余生を終える人が圧倒的多数のホスピスには、そんな合理化は必要ないのです。

ホスピスは人生の墓場だなどとおっしゃる方も稀にいらっしゃいますが、けっしてそうではありません。
実際、ホスピスに入ってから余命が思いの他伸びる人がとても多く、いかに患者さん一人一人に応じたケアが行なわれているかという事がよく分かります。
個人的には、こうした医療施設は、これからの日本にはなくてはならない存在だと思いますね。
今は元気でも、いつ人生の終幕を迎える事になるか分かりませんから、やはりその時の事を考えておく事はとても大事な事です。
そのためにも、ホスピスという施設についての知識をしっかり収集しておく事は自分自身にも必要だろうと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。