ホスピスの入院費用

ホスピスは人生のターミナルケア、それも理想の緩和ケアを施してくれる施設として、昨今急激に人気を博しています。
そんな人生の最後を演出するプロ集団とも言えるスタッフが結束する施設、それがホスピスです。
十分すぎる位のサポート体制と設備環境が整っていますから、当然費用も高いだろうと思われがち。
そう、ホスピスは費用的な面だけで言えば決して特別な場所ではないんですね。

ホスピスはあくまでも終末期医療を行なう施設ですから、費用も一般の病院で入院するのと同じ感覚で考えていいでしょう。
勿論健康保険も使えますし、生命保険などの入院対象にもなります。
いや、ホスピスでは病院のような化学治療や放射線治療を行ないませんから、むしろ費用はリーズナブルだと言えるでしょうね。
また、個室は必ず有料で、所謂差額ベッド代が必要になるという概念も、ここには通用しないのです。
何故なら、ホスピスの基本は、一個人を大切にする事ですから、費用面でもそれを実現しています。
条件付きで無料提供されている個室も多く、例え優良であっても、これまたかなりリーズナブルに価格設定されている施設が非常に多いんですね。

ホスピスの差額ベッド代を含む入院費用は、高額医療費の対象となります。
勿論、細かい実費は必要になりますし、返金されるのは手続きしてから数ヶ月後ですから、一時的な入院費用は必要ですけどね。
それもまあホスピスの事務関係者などとの相談でいろいろな案を提示してもらえる事でしょう。
それでも、どうしても不安だとおっしゃる方は、一度関連のブログやサイトで調べてみられるといいと思いますよ。
恐らく、費用など気にせず、ホスピスで自分らしい余生を送る選択肢を選ぶ後押しになるだろうと私は思いますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。