Warning: Undefined array key "page" in /home/c6252937/public_html/tv2han.info/wp-content/plugins/batch-cat/admin.php on line 147

生前贈与で非課税

 

生前贈与は、将来の相続税対策に有効で、相続税の税制改正の影響を受けないメリットがあります。

相続税は相続があったときの相続税法で計算されますが、生前贈与を上手く利用すれば、非課税になります。

相続税は毎年税制改正の可能性があるので、将来的には必ずしも有利ではなく、そこで生前贈与を利用するのです。

もちろん、贈与による対策も同じことが言えるのですが、生前贈与の場合、贈与があったときの税法で計算されます。

そのため、生前贈与はとても有利な方法であり、これで相続税対策を利用すれば、非課税も可能になります。

生前贈与をするに当たっては、なにかと知識はあったほうが便利で、後で役に立つことが多いです。

基本的に生前贈与で非課税を受けるには、相続時精算課税の特例による非課税枠2500万円があります。

この生前贈与の場合、65才以上の親から20才以上の子供に対しての2500万円までの贈与を非課税にできます。

但し、この場合の生前贈与は、65才以上の親からの贈与でなければならず、2500万円を超える部分の贈与は20%の贈与税がかかります。

また、このケースの生前贈与の非課税は、110万円の基礎控除による贈与と一緒に利用することはできません。

贈与した財産と相続財産を合計して相続税が課税されるのが、この場合の生前贈与の非課税の特徴です。

生前贈与の非課税には、住宅取得資金贈与の特例があり、この場合の非課税は最大1200万円になります。

住宅の購入資金に生前贈与の非課税を利用する場合は、最大1200万円となり、その部分の贈与が非課税になります。

相続時精算課税制度と共に住宅取得資金贈与特例制度の利用をすれば、生前贈与は、合計3700円までが非課税になります。