迷惑メールフォルダ

迷惑メールに対しては有効な策があり、それはDMや嫌がらせのメールなどをフォルダに振り分けることです。

自動的に専用のフォルダに振り分けることができる迷惑メール用のフォルダは、とても便利なツールです。

必要なメールが、なぜか迷惑メールフォルダに入ってしまうからで、これは如何ともしがたいことです。

要するに、迷惑メールフォルダというのは、完全なものではないということで、完璧に振り分けてくれるものではないのです。

必要なメールも、勝手にフォルダが迷惑メールとして振り分けてしまうということはよくあります。

迷惑メールフォルダで注意しなければならないのは、受信後10日後にはメールが勝手に削除されてしまうケースがあることです。

メールの振り分け設定のために迷惑メールフォルダを使用するのですが、必要なメールまでもフォルダに入ることがあるので、注意が必要です。

しかし、設定すると、今現在、受信トレイに届いているメールも、迷惑メールフォルダに振り分けられる可能性があります。

簡単に設定できるので、迷惑メールフォルダを設定する際は、予め必要なメールの振り分け設定をしましょう。

迷惑メールフォルダは、届くメールの中から自動判定して、判定したメールをサーバ上のフォルダに振り分けます。

そのことで、迷惑メールをパソコンで受け取らなくて済むようになり、不快なメールを見ずに済みます。

迷惑メールフォルダを利用すれば、自分で選別して削除したり、別フォルダに振り分ける手間がなくなります。

必要なメールをフォルダに入れないようにするには、フォルダから迷惑メールにしたくないメールを探します。

そして、選択ボックスにチェックを入れ、迷惑メールを解除、というところをクリックすればOKです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。