Warning: Undefined array key "page" in /home/c6252937/public_html/tv2han.info/wp-content/plugins/batch-cat/admin.php on line 147

iPS細胞を開発した研究所

iPS細胞は、どこで開発されたかというと、それは京都大学にある研究所で培われたものです。
一般的に、iPS細胞研究所は、サイラと略されていて、これは京都大学が擁する中の研究所の一つになります。
そして、その結果、京都大学iPS細胞研究所が誕生することになり、2012年には、田中真紀子文部科学大臣が視察をしています。
iPS細胞研究所の研究部門には、初期化機構研究部門、増殖分化機構研究部門、臨床応用研究部門、基盤技術部門などが設けられています。
2010年4月に正式に設立したiPS細胞研究所は、人工多能性幹細胞に関する基礎研究と応用研究を実施しています。

iPS細胞研究所は、地上5階、地下1階の建物になっていて、各研究室間には仕切りがありません。
そうすることで、iPS細胞研究所は、研究者同士で自由な議論ができるように工夫をしています。
また、研究所では、iPS細胞の研究だけではなく、他にも知的財産の管理なども実施しています。
そうした功績を称え、文部科学省は、今後10年間、iPS細胞研究所に対して、研究費を助成する方針を打ち出しました。

iPS細胞研究所では、基礎研究から前臨床研究、そして臨床研究までを一貫して行っています。
研究所では、患者さんの皮膚などの細胞から樹立されたiPS細胞を目的の細胞に分化させることを行っています。
分化細胞を用いることで、iPS細胞研究所では、病態解明や、新しい薬剤の探索を日夜研究しています。
最終的には、iPS細胞研究所では、細胞移植方法の開発を目指していて、日々の精進に余念がありません。
iPS細胞研究所は、世界最高水準の研究拠点として機能していますが、一方で、若手研究者の育成にも努めています。