ホームホスピス

ホームホスピスといっても、どうしても日本ではホスピスと言えば末期癌の患者さんたちを収容するケア施設というイメージがありますから、中々ピンと来ないかと思います。
勿論、日本のホスピスは十二分とも言えるドクターとナースの数を揃え、患者さんが心身ともに落ち着ける環境作りにも徹していて、素晴らしい医療施設です。
けれど、欧米の終末期医療は在宅が主流で、ホームホスピスの需要度が非常に高いのです。
やはりどんなに立派な施設よりも、我が家が一番落ち着くという事なのでしょう。
日本でも近年、ようやくこのホームホスピス体制が確立されつつあります。
近頃では、在宅ケア専門のホームホスピスステーションも随分増えました。

ホームホスピスと行っても、今の日本では2通りの捉え方があります。
一つは、自宅にいるようなアットホームな環境を演出する医療施設。
所謂ホームホスピス風ホスピスというものですね。
近頃は、午後はそうした訪問に徹するホームホスピスサポートを請け負う病院も随分増えました。
ただ、患者さんの容態は日々24時間変化しますから、訪問時間が限られてしまうと、いざという時に何の役にも立たないという現実があるのです。
従って、ホームホスピス体制が確立されるためには、やはりもっともっと専門の訪問医療ステーションが必要になって来る事は否めないでしょうね。
やはり家族の理解と協力がなくては絶対に成り立たないものです。
ですから、将来万が一自分が終末期医療を必要とする時が来て、ホームホスピスを希望するつもりがあるのなら、今から家族を大切にしておく事は大事ですよ。
そうしないと、とっとと完全看護の大病院に放り込まれ、そのまま淋しく終幕を迎える事にもなりかねません。
また、高齢化社会を迎えるに当たり、家族で一度、ホームホスピスについて話し合っておくのも必要かも知れませんね。
そうしたホームホスピスの現状や情報は、関連のブログやサイトにもいろいろ紹介されていますから、暇なときにでもじっくり読んでみられるといいでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。