カビと雑菌臭

雑菌臭がしてくる時は大抵、洗濯物が生乾きだったり洗濯する前に湿ったまま放置したりしているのでしょう。
雑菌にとっては絶好の繁殖チャンスとなり、新品だろうとお気に入りだろうとお構いなしに雑菌臭を漂わせてきます。
これを防ぐには、雑菌臭の原因となる雑菌の繁殖を出来る限り防ぐ事が重要とされています。
雑菌自体が雑菌臭を放っている訳ではなく、繁殖時にニオイ分子が放出される事で嫌な臭いを放ちます。

雑菌臭が繁殖する環境がなくても臭いが気になる場合、どこか別の場所に別の原因が潜んでいると考えられます。
カビが原因で雑菌臭がしているのだとすれば、解決のためにまずは洗濯機をどうにかする必要があります。
雑菌臭を何とかするために洗濯をした筈が、カビのせいで雑菌を消しても臭いが消えないという間抜けな事態に陥ってしまいます。
今では市販の洗剤でも雑菌臭やカビ臭に対応しているものがあり、手軽に消臭することが可能になっています。

雑菌臭をただ消したいというだけなら、熱湯で煮沸したり強い漂白剤を使ったりと色々な方法が考えられます。
ただ、それが洋服となると少しは手段を考えたくなります。
出来る限り生地が痛まないように、けれども雑菌臭は綺麗サッパリ消してしまいたいのです。
洗濯をして、一応は綺麗になったように見えても雑菌が僅かに残っていれば雑菌臭は再び現れます。
最近の洗剤には雑菌臭に注目しているものもあり、生地を痛めず臭いを取り去る事も不可能ではないようです。
ただ、これらの処置をしていても部屋干ししたまま何日も生乾きの状態が続くようでは雑菌臭も消えることはないでしょう。
ブログやサイトを利用すると、効果的な雑菌臭の対策法についても簡単にチェックすることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。