湿気と雑菌臭

雑菌臭が何かというと、洗い物が生乾きの時に漂ってくるあの不快な臭いです。
もちろん雑菌が存在しなければ雑菌臭も臭ってこない、という理屈は当てはまります。
そしてもう一つ、雑菌は存在しても繁殖しなければ雑菌臭となるニオイ分子が生じません。
このどちらかを軸に考えると、効果的に雑菌臭問題を解決する事が出来るでしょう。
雑菌の繁殖を抑えるためには、環境を調整する必要があります。
雑菌が繁殖するためには湿度と温度が重要になるので、ここを調整する事で雑菌臭を抑えるのです。

雑菌臭の原因たる雑菌は高温多湿な環境が好きなので、例えば洗濯するものを洗濯機の中に放置している状態はまずいです。
絶好の湿度と温度が用意される事になるため、雑菌臭をどうにかする気なら洗濯機の中に洗濯物を放置するのは止めておきましょう。
洗濯物を毎日洗っても、乾燥機がなければ十分に干す事が出来ず雑菌臭が出てくる用意が整ってしまいます。
この場合は洗濯をしても雑菌臭が取れることはないので、湿度や温度とは違う別の角度から解決法を考えなければなりません。

雑菌臭は高温多湿が好きという事は、ずっと履いている靴の中も好きという事になります。
確かに革靴などは雑菌臭がしやすく、気になりながらも洗えないと言って放置している方も多いでしょう。
女性のロングブーツは特に雑菌臭が強くなりやすいので、積極的に対策を講じる必要があります。
誰もが知っているであろう十円玉を用いた雑菌臭対策は、割と効果があるとされていますね。
他にもミョウバンを用いた雑菌臭対策など、直接ガシガシ洗わなくても何とかなるようです。
他にも、広く知られてはいないけど身近なもので手軽に行える雑菌臭対策があるかもしれません。
ブログやサイトを利用して、雑菌臭対策について詳しくチェックしてみる事をお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。