初節句でのしきたり

長い歴史が初節句にあるので、そうしたしきたりがあるのは当然のことで、やる以上は、しきたりに習うのが普通です。
雛人形や兜、鯉のぼりなどを飾るのが初節句のしきたりで、祖父母を招いて、お祝いをします。
初節句のしきたりは気になるものですが、昔は親戚などが贈り物をして、盛大にお祝いをしました。
しかし、今では、そうした初節句のしきたりは薄れつつあり、女の子の場合、母親の実家から、男女一対の内裏雛を贈るのがしきたりになっています。
また、男の子の場合の初節句は、母親の実家から、鯉のぼりや武者人形などを贈るのがしきたりになっています。
しきたりには関係なく、初節句では、贈り物が重ならないように、注意しなければなりません。
いずれにせよ、初節句のお祝いとして贈り物を送る場合は、相手の希望をよく聞いて、品物を選ぶことです。
贈り物は、初節句の1か月前から1週間前までには届くようにするというのが、古くからのしきたりです。
また、初節句のお祝いを贈ってくれた人に対しては、手厚く食事会などで招くのが、昔からのしきたりです。
祝いの品を初節句でもらった場合は、お返しの必要はないのですが、お祝いの席に招待できない人には、贈り物を送りましょう。

初節句のお祝い返しの品は、お祝いの日から一週間以内に礼状を添えて贈るのが、しきたりです。
招待できなかった遠方の祖父母に初節句の贈り物を送る時は、必ず、写真を添えることを忘れてはいけません。
そして、これは今もそうですが、武者人形を初節句で贈る場合などは、節句の一ヶ月前には届くようにするのが、しきたりです。
初節句の贈り物は、最近では、昔のようにしきたりにこだわらず、ぬいぐるみや、おもちゃ、衣類などを贈る人が増えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。