初節句で着る衣装

初節句というと、料理や飾り付けなど、何かと大変ですが、そんな中、気になるのがやはり衣装でしょう。
男の子の初節句には、一体、どんな衣装がふさわしいのか、両親としてはちょっと悩んでしまうものです。
せっかくの初節句の衣装なので、できるだけ奮発して良いものを着せてあげたいと思うのが、両親の愛情です。
衣装というのは、色んなバリエーションがあるので、初節句の衣装を考えるだけでも、なんとなくワクワクしてくるものです。

初節句の衣装ですが、男の子の場合、昭和の頃は、金太郎さんの腹掛けひとつで写した人も多かったようです。
簡単に初節句の衣装を済ませたいなら、陣羽織と日の丸のハチマキだけというのも、ありかもしれません。
また、面倒であれば、初節句の衣装は、普段のオーバーオール姿で撮っても問題なく、特にこだわる必要はありません。
陣羽織とハチマキは、鯉のぼりや兜のセット品でもよく、初節句の衣装はその方が安上がりで済みます。
とにかく楽しい初節句を迎えられればいいわけで、自宅でもいいので、可愛い衣装を着せて記念写真を撮ってあげましょう。
初節句の衣装として、陣羽織の下は、ティーシャツやタンクトップなどでもいいのですが、腹掛けの方が勇ましくていいかもしれません。

初節句の衣装は、真赤な上下の衣裳と帽子などもオシャレで良く、両親と一緒に撮れば、一生の記念になります。
赤ちゃんの成長を祝い、健やかな成長と厄除けを願うための事が初節句で、親にとっても初めての行事になるので、どうしても気合いが入ります。
せっかく初節句のために衣装を用意したとしても、一度きりしか使う事がないからです。
できるだけ値段を安く抑える上でも、初節句の衣装は、レンタルの親子衣装がおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。