初節句での料理

初節句というのは、子供にとっての一大行事で、華やかに飾り物を飾り付けて、お祝いをします。
そんな中、気になるのが、初節句の料理で、一体、どのようなメニューにすればいいのかは悩むところです。
但し一般的にする初節句の料理というものはあり、それは、鯛のお頭付き塩焼きや、刺身、ちらし寿司、サラダなどです。
最近では、初節句の料理も多様化しているので、特に伝統とかしきたりにこだわる必要はないのかもしれません。
お寿司を初節句の料理にするなら、菜の花や筍を入れるといい感じになり、美味しく食べることができます。

初節句の料理は、何と言っても、生まれた子供が初めての節句を迎えたときに食べるものなので、できるだけ豪華にしてあげたいものです。
子供の初節句といのうは、生まれて初めての節句になり、男の子は5月5日の端午の節句に祝います。
基本的に、女の子の上巳の節句には決まりがあるのですが、男の子の初節句には、特に決まった料理はありません。
初節句の料理には特に決まりはないのですが、ちらし寿司とか、はまぐりのお吸い物などをよくしたりします。
やはり、特段の決まりが初節句の料理にはないと言いながらも、可愛い子供のためなので、特別なものを作ってあげたいものです。

初節句の料理は、男の子の場合、特に決まった料理はありませんが、出世魚であるボラやスズキ、ブリを使った料理をよくします。
勝男に通じるカツオを使った料理や、鯉の丸揚げなどが、男の子の初節句の料理では好評のようです。
そして、筍も男の子の初節句の料理におすすめで、どんどんのびるので、端午の節句の料理にはピツタリです。
めでたいにちなんだ鯛めし、武士の勝栗にちなんだ栗赤飯などを初節句の料理として作れば、華やぎます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。