初節句とは

初節句とは、生まれて初めて迎えた節句のことを指し、女児は3月3日の桃の節句を祝い、男子は5月5日の端午の節句をお祝いします。
いずれも、初節句では、健やかな成長と良縁に恵まれるようにとの願いを込め、両親、祖父母が共に祈りを捧げます。
日本における、お祝いの年中行事の1つで、初節句というのは、どこの家庭でも行われているものです。
両親と祖父母が一緒に祈ることに、初節句の意義があり、お祝いをする年中行事として欠かせないものです。
昔は、母方の実家から贈られるという習慣が初節句であったのですが、最近的ではあまり聞かれなくなりました。
要するに、初節句の飾り物は、経済的負担が大きいわけでは、今では、あまりこだわらなくなりました。
最近では、初節句の飾り物は、両親が購入するというケースも増えつつあり、これは時代の流れと言えそうです。
とりあえず、初節句の飾り物を購入する時は、双方の実家とよく相談して、それぞれの家庭にあったものを購入すればいいでしょう。
生後まもなく初節句を迎えた場合で、誕生日が近い時は、1年間を見送って、翌年にお祝いをすることも許されています。

初節句をする場合、招待する人についてですが、身内でのお祝いになるので、音信のない親類は招待する必要はありません。
生後初めて迎える節句を初節句といいますが、一般的には、祖父などを招いてお祝いするのが普通です。
5月5日の男子の初節句に、ちまきや柏餅をお供えするのは、子供の健やかな成長を願う意味があるからです。
もちろん、初節句と言っても、地域によって、しきたりが違うので、するときは、双方の両親によく相談することです。
そして、初節句のお祝いをする時は、重ならないように配慮する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。