Warning: Undefined array key "page" in /home/c6252937/public_html/tv2han.info/wp-content/plugins/batch-cat/admin.php on line 147

恵方巻きの具

恵方巻きというのは実に美味しい食べ物で、今や節分には欠かせない食材になりました。
自分で恵方巻きを作る場合は、好みの具をいれればよいのですが、どんな具を入れれば美味しくなるのかが気になるところです。
基本的に恵方巻きの具は、七種にするというのが一般的になっていて、それは、単純に縁起がいいからです。
しかし、七種と言っても色々あるので、恵方巻きの具を選ぶには、色々と考える必要があります。
恵方巻きの具に関しては、特に決まりはなく、好きな具を好きなだけ入れれば良いことになっています。

恵方巻きの具が話題になったのは、大体今から10年前くらいからだと言われていて、主な具には、かんぴょう、かまぼこ、しいたけ、きゅうりがあります。
他には、かいわれ、玉子焼き、でんぶ、あなごなどが、恵方巻きの具として人気があります。
コンビ二でよくある恵方巻きの具としては、マグロやサーモンなどがあり、見た目は非常に豪華です。
ただ、マグロやサーモンなどの具を恵方巻きの中に入れると、太りやすくなるので、要注意です。
マグロやサーモンを恵方巻きの具として入れる場合は、食べすぎないようにしなければなりません。

恵方巻きの具は地域によって異なり、中には七福神にちなんで7つの材料を入れるところもあります。
一般的な恵方巻きの具は、だし巻き、うなぎの蒲焼、キュウリ、シイタケなどがあります。
恵方巻きを作る場合、具の他に色んな材料が必要で、みりんや砂糖、塩、酢、サラダ油などの調味料も必要です。
とにかく恵方巻きを食べる時は、作りたい人数分を計算して、具と共に材料をしっかり準備する必要があります。