Warning: Undefined array key "page" in /home/c6252937/public_html/tv2han.info/wp-content/plugins/batch-cat/admin.php on line 147

ソーシャルゲームと企業

ソーシャルゲームは、今では人気で、多くの企業が参入していますが、ドコモでも、いよいよその事業に参入する予定になっています。
新しい冬モデルの新機種から、ドコモの企業は、ソーシャルゲームに対応する予定となっています。
ドコモはソーシャルゲームのため、dマーケットを、色々なコンテンツを利用できるプラットフォームとします。
そして、ドコモは、ソーシャルゲームを通信事業と並ぶ収益の柱として見据えているので、今後の動向が他の企業からも注目されています。
他の利用者とコミュニケーションを取りながら遊べるというのがソーシャルゲームの面白いところですが、何より、ほとんどが無料で始められるというのが魅力です。

ソーシャルゲームを開始する企業のドコモは、6000万人の顧客基盤を生かすことで、その成功を目指しています。
ドコモはdマーケットにより、音楽や映画などのデジタルコンテンツを含め、ソーシャルゲームでの躍進を狙っています。
元々、ドコモはネット通販に力を入れる方針を示していたのですが、ソーシャルゲームについても、その一環の1つと見られます。
つまり、ソーシャルゲームは、今、かなり危険な状況に直面していると言えるのです。
なぜ、そういうことが言えるのかというと、ソーシャルゲームは、このままでは、賭博法にひっかかる可能性が高いからなのです。
獲得できたアイテムの換金というのは、ソーシャルゲーム企業の埒外にある状態で、実際、換金できる状態にあります。

ソーシャルゲームの今の状態というのは、かなり違法性の高い位置にあることを認識する必要があります。
大手企業であるグリーでは、そうしたことに鑑み、ソーシャルゲームをするにあたって、
禁止行為の強化を図っていて、ユーザーの保護施策を実施しています。
ソーシャルゲームをするにあたって、アイテムやカードが換金可能であるということが問題で、それが賭博法に抵触するのです。
業界を主導するディー・エヌ・エーやグリーは、ソーシャルゲームの企業として、急成長を成し遂げています。