熱帯魚の飼育に欠かせない水草

熱帯魚の飼育で、繁殖に欠かせないのが水草で、これは非常に重要なアイテムということが言えます。
水槽に水草を植える場合、熱帯魚の飼育では、強い光や二酸化炭素の添加がないと、うまくいかないことが多いです。
水草については、熱帯魚の飼育にあたって十分な注意が必要で、キレイな水草を見つけても衝動買いしてはいけません。
まず、水草を購入する時は、店員さんによく確認して、熱帯魚の飼育のために生かす必要があります。
どんな水草も光と二酸化炭素はあったほうが成長は早くなるので、熱帯魚の飼育では、それを念頭に入れておかなくてはなりません。
中には、強い光や二酸化炭素の添加なしで育つ水草もあるので、初心者の熱帯魚の飼育のためにおすすめできます。
水槽にライトをつけなくても育つ丈夫な熱帯魚の飼育のための水草には、ウィローモス、ミクロンソリウム、アマゾンソードなどがあります。
そして、この水草を、熱帯魚の飼育の時、平らな石に巻きつけたり、金属のネットに入れておけば、立派に成長してくれます。
ネットを覆い隠してくれる水草なので、熱帯魚の飼育のための前景の水草としても使えます。

熱帯魚の飼育で、マツモを使用する際は、適当な長さに切った物を底砂に植えておくだけで、どんどん成長します。
アクセントとして一か所にまとめてこの水草を熱帯魚の飼育のために植えれば、中景草としても使えます。
マツモは成長が早く、水の浄化にも役立つ水草なので、熱帯魚の飼育のために有効に使うといいでしょう。
ミクロンソリウムやアマゾンソードも熱帯魚の飼育におすすめの水草ですが、根を張る水草なので、ポットに入って販売されています。
水槽に水草を入れる場合、ポットで売られている水草は、熱帯魚の飼育のために、ポットからとり出さなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。