熱帯魚の飼育とエサ

熱帯魚の飼育では、まず、魚にとって快適な環境を整える必要がありますが、濾過バクテリアがたくさん殖えるには、数週間から数ヶ月を要します。
その間、熱帯魚の飼育では、絶対にエサをあげすぎないように注意しなければなりません。
健康のことを考えると、熱帯魚の飼育に際しては、エサは、しばらくは足りないぐらいが一番いいのです。
間違っても熱帯魚の飼育では、エサが残るほど与えてしまうことのないように注意しなければなりなません。

熱帯魚の飼育をするにあたっては、熱帯魚の数が多い場合、与えるエサの量が多くなるので、要注意です。
エサが多いと、有害物資が急速に増えてしまうので、熱帯魚の飼育では、熱帯魚を入れ過ぎてはいけません。
このことは、意外と軽視しがちですが、熱帯魚の飼育を成功させるためには、重要な要素になります。
つまり、エサやりが熱帯魚の飼育の成功の鍵を握っているわけで、飼育する上では、一番重要なことです。
気になるのがエサの与え方ですが、熱帯魚の飼育をする場合、エサは1日に2回程度といのが理想です。
その際、すぐに食べきる程度のエサを与えるというのが、熱帯魚の飼育でのコツになるので、よく覚えておきましょう。

熱帯魚の飼育でエサを与える時間ですが、できれば朝と夜に与えるというのがよいでしょう。
また、熱帯魚が起きている時間にエサを与えることになるので、熱帯魚の飼育の際は、水槽のライトを消す直前がいいでしょう。
基本的に、熱帯魚の飼育で与えるエサには、人工エサと生エサがあり、人工エサにはフレーク状、顆粒状、タブレット状、パウダー状の物があります。
そのため、熱帯魚の飼育では、特に高いエサを与える必要はなく、普通の物でよいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。