熱帯魚の飼育に不可欠な水の循環

安全な熱帯魚の飼育のためには、水を循環させることが重要で、そのためには、熱帯魚用フィルターが必須になります。
フィルターは水を循環してキレイにしてくれるので、熱帯魚の飼育のためには、必ず必要になるものです。
濾過バクテリアにとって居心地のよい住み家を提供するのが、フィルターの役割で、熱帯魚の飼育には欠かせないものです。
フィルターは、熱帯魚の飼育の際、より多くの濾過バクテリアの力を借りて水を循環させ、浄化する仕組みになっています。
フィルターは、熱帯魚の飼育において、濾過の最たる機能を備えていて、水を循環させる最高の機器です。
そして、大気との接触面積を大きくすることで効率的なガス交換ができるので、熱帯魚の飼育には必須なのです。
ただ、水を循環させるフィルターは種類によって一長一短なので、熱帯魚の飼育の際には、慎重に選ばなければなりません。
エアー式は安価なのですが、動作音や振動が大きいので、熱帯魚の飼育ではあまりおすすめできません。
その点、モーター式は高価なものなら、静かなので、水の循環のために、熱帯魚の飼育としておすすめです。

熱帯魚の飼育をする場合、水槽内の水質は、魚やバクテリア、水草の存在などで、日々変化していきます。
つまり、熱帯魚の飼育をする時は、水質の安定を図り、綺麗な水を循環させ、水槽を維持していかなくてはなりません。
自然循環を正常に機能させ、水質を悪化させないためには、熱帯魚の飼育では、フィルターの設置が絶対に必要です。
ろ過能力は水槽内にいれる熱帯魚の大きさや数によって能力が変わるので、熱帯魚の飼育の際にはよく検討することです。
ろ過能力が高いほど、水槽内の水質は安定しやすく、循環は良い状態に向かうので、熱帯魚の飼育の時は、参考にすることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。