Warning: Undefined array key "page" in /home/c6252937/public_html/tv2han.info/wp-content/plugins/batch-cat/admin.php on line 147

遺言証書

 

遺言証書とうのは、法の定める方式により、その内容を記載した書面のことを指し、重要な役割を果たします。

その方式は厳格で、遺言証書の正式な方法によらないものは、全て無効とされ、厳格に規定されています。

普通方式の遺言証書には、自筆証書、公正証書、秘密証書の3種があって、特別方式には、緊急時と隔絶地の2種があります。

そして、遺言証書の保管者もしくは、これを発見した相続人は,死亡を知った後、すぐに家庭裁判所に提出しなければなりません。

家庭裁判所で遺言証書を検認してもらう必要があり、封印のある遺言書については、相続人立会いの元、開封します。

検認というのは、相続人に対して遺言証書の存在と内容を知らせるもので、重要な意味があります。

形状や加除訂正の状態、そして日付や署名など、検認によって、遺言の内容を明らかにしていきます。

遺言証書の検認は、偽造や変造を防止するための1つの手続で、有効や無効を判断するための手続ではありません。

無効というのは、最初から何もなかったことを示すので、無効になると遺言証書は、初めから存在しないことになります。

遺言者が生きている間は遺言証書が無効になることはありませんが、亡くなってから醜い争いで無効に追い込もうとすることがよくあります。

実際、遺言証書が有効か無効かで争われる事例は少なくなく、今現在、有効であってもその後も大丈夫という保証はありません。

つまり、遺言証書は、一歩でも間違えると大変危険であるという側面を持っていて、油断はなりません。

一般的に、遺言者の意思は尊重されますが、遺言証書の代理は許されず、他人の意思が介在すると無効になります。

そして、必ず、遺言証書は、自筆のものを作成する必要があり、ワープロやタイプで作成したものは無効となります。