Warning: Undefined array key "page" in /home/c6252937/public_html/tv2han.info/wp-content/plugins/batch-cat/admin.php on line 147

チューブレスタイヤの構造

チューブレスタイヤはというのは、とても便利で、それはその構造を見ればよくわかります。
シンプルな構造が自慢のチューブレスタイヤですが、その秘密は、タイヤの内面とビードのつくりにあります。
また、リムの形状も チューブレスタイヤの構造の大きく関与しています。
チューブレスタイヤの内面のゴム素材に関しては、チューブドタイヤのチューブと同じものを使用しています。
つまり、チューブレスタイヤの内面には、チューブと同じ素材のブチルゴムが使用されているのです。
プチルゴムが圧着してチューブレスタイヤで使用されているので、空気漏れが起こらない構造になっています。
ビード部分に関しては、カーボン素材が入った角張った形状で、チューブレスタイヤの底面はフラット構造になっています。
リムと接触させて空気を密閉させるために、チューブレスタイヤのこうした構造は、重要な意味を持っているのです。
そして、タイヤ自体が空気を密閉させるため、チューブレスタイヤのホイールのリム内側には突起が施された構造になっています。
その部分にビードが収まる構造になっていることで、チューブレスタイヤのフィッティング効果が上がっています。
チューブの代わりにゴム層をタイヤの内側に貼りつけて一体構造にしてあるのが、チューブレスタイヤで、乗用車のタイヤは普通これを使用しています。
ビード部とリムとの間で空気が漏れない構造にするため、チューブレスタイヤは、リムバルブを使用しています。
自転車のタイヤと違って、自動車用タイヤにはチューブはほとんど使われておらず、チューブレスタイヤが使用されています。
ほとんどの自動車は、空気をため込むチューブタイヤを使用せず、タイヤ自体が空気を外に逃がさない構造のチューブレスタイヤを採用しています。
ただ、チューブレスタイヤを交換する場合は、空気の漏れを防ぐため、ビード部をキズつけないようにしなければならないので、ある程度慣れが必要です。