Warning: Undefined array key "page" in /home/c6252937/public_html/tv2han.info/wp-content/plugins/batch-cat/admin.php on line 147

自転車用チューブレスタイヤ

チューブレスタイヤというのは、車やバイクに多用されていますが、最近では自転車にもよく使われています。
2006年以降、チューブレスタイヤはどんどん普及していて、今や、タイヤの代表といってもいいくらい人気があります。
クリンチャーからチューブを排したものが、チューブレスタイヤと言えますが、クリンチャーとはややその性質を異にします。
空気が漏れないよう、チューブレスタイヤの場合、リムの裏側にスポーク穴がありません。
ブレス用ホイールに関しては、チューブレスタイヤのバルブを外して、チューブを入れることで、クリンチャーとしても使用できるようになっています。
なぜなら、チューブレスタイヤの自転車に換えると、一気にパンク性能の高さが向上するからです。
また、チューブレスタイヤの自転車の場合、リム打ちパンクが発生する要素がありません。
そして、異物によってパンクした場合でも、チューブレスタイヤの自転車なら、クリンチャーチューブのように大きな穴が開くという心配がありません。

チューブレスタイヤの自転車は、走行抵抗も小さいので、乗り心地も快適で、爽快なサイクリングが楽しめます。
ただ、今のところ、チューブレスタイヤの自転車は、製品のラインナップが少ないので、好みの選ぶというスタンスはありません。
また、チューブレスタイヤの自転車を購入する場合、普通の自転車よりも、かなり値が貼るというデメリットもあります。
チューブレスタイヤの自転車は、リム打ちパンクがなく、低圧走行ができるので、マウンテンバイク競技に最適です。
低圧走行ができるチューブレスタイヤの自転車は、グリップが大きく向上するので、競技用として向いています。
タイヤの内側に関しては、チューブレスタイヤの自転車は、チューブと同じ素材になっているので、パッチにより、パンク修理もできます。