Warning: Undefined array key "page" in /home/c6252937/public_html/tv2han.info/wp-content/plugins/batch-cat/admin.php on line 147

おせちの意味

おせちといえば、お正月のお祝い料理ですが、節日のための料理ことを本来は意味しています。
節日というのは、中国の暦による季節の変わり目のことで、平安時代には宮中で宴が催されており、そこでのお祝い料理をお節供と呼んでいました。
ただしこの頃のお節供は、現在のようなおせち料理ではなかったとのことです。
節日には、現在でもお祝いの習慣がある五節句がありますが、元日は節日の中でも新たな年を迎える特に大切な日となります。
現在のようなおせち料理が広まったのは、江戸時代後期に江戸の庶民が生活に宮中行事を取り入れたのがきっかけといわれています。
そして、今ではお正月のお祝い料理だけをおせち料理と呼ぶようになったんですね。

おせち料理は、新年を祝うだけでなく、家族の健康や農作物の豊作を願うお料理でもあります。
私が子供の頃には、年末になると祖母の家でみんなでおせち料理を作ったり、お重に詰めたりとしていました。
おせち料理はお重に詰められていますが、おめでたいことを重ねるという意味、そして願いが込められています。
通常は四段重ねのおせちですが、一の重、二の重、三の重、与の重とよび、四の重とは呼ばないんですよね。
これは、四というのは死を連想させるため、せっかくのお祝いのおせち料理に縁起が悪いとされているためです。
また、数の子は子孫繁栄を、田作りは五穀豊穣を願っていたりと色々知っていくとおせちもとても楽しいですよ。
昆布巻きなどの昆布は喜ぶにかけていて、おせち料理だけでなく、鏡餅にも使われる縁起物ですね。
おせち料理ってすごく色々な意味が含まれていて、日本人というのは、神様や縁起をすごく大切にしてきたんだなと思います。