迷惑メールとは

迷惑メールとは、いわゆるスパムメールのことで、内容に関係なく、多くの受信者に一方的に送りつけるメッセージを指します。

バルクメールなどは迷惑メールの代表的なもので、内容とは無関係のニュースグループなどもそれに該当します。

ウェブサイトによっては、サイト上で取得したメールアドレスを迷惑メール送信者に売りつけることがあるので、要注意です。

基本的に迷惑メール送信者は、あの手この手を使って、ウェブサイトからメールアドレスリストを購入しているのが常です。

迷惑メールを送ってくる輩は、多数の異なるメッセージを、可能な限りのあて先に送信するのが特徴です。

そのため、受信した迷惑メールを1件ずつ追跡して、送信者を限定していくという作業はとても困難でできません。

ユーザーの同意なしに勝手に送られてくるのが迷惑メールなので、非常にやっかいと言わざるを得ません。

主に宣伝目的のメールが迷惑メールには多く、ネット上でよく知られているスパムは同じ意味になります。

ネットを経由するメールの送信はほとんど費用がかからないので、掲示板などからメールアドレスを収集して迷惑メールを送りつけてきます。

なりふり構わず大量に迷惑メールを送信してくる業者は、枚挙にいとまがなく、数多く存在します。

ネット上で数年前から迷惑メールは存在していて、以前から、ユーザーの非難の的になっています。

迷惑メールは、2001年頃になると、iモードをはじめ、携帯電話のメールサービスにも来るようになりました。

携帯電話のネット接続サービスは、通信量に応じて課金される方式なので、迷惑メールが来ると受信料金が発生します。

このサービスを利用すれば、迷惑メールを排除できるのですが、ただ、設定がややこしいという難点があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。