5月病の原因

5月病の原因とはいったい何なのでしょうか。
実際に5月病になったとき、こんなことを考えると、ともすれば負の思考のスパイラルに取り込まれてしまいそうになりそうで怖いですけれど。
でも、やはり物事には何事にも原因があるのではないかと思うので、5月病にもそういったことは存在するのでしょう。
つまりは、新しい生活に順応できないで、どうしても心に負担がかかり、最終的に5月病へと至るケースが多いということでしょうね。
そういう意味では、5月病は誰でもなる可能性があるものだと思いますし、そういった症状に経験がないという人も少ないのではないかと思います。
仕事の質も落ちるし、勉強も5月病になっていたら、はかどらないことは明白でしょう。
もっとも、今の新社会人を取り巻く労働環境というのは、非常に劣悪であるといわざるを得ないでしょう、5月病になる、ならないは別として。
仕事の量が多すぎて、冗談ではなく、本当に眠れないという話も聞いたことがあります。
こんなことをしていたら、どんなに健常な精神を持っていても、5月病どころか、先に心が壊れてしまうでしょう。
心が壊れない人なら、先に体が壊れます。
そういう意味では5月病だとか言っていられる間はましなのかもしれないと、そう思えなくもないでしょう
5月病ですぐに倒れることはありませんからね。
でも、何もやる気がおきない、気力がない状況というのは、死んでいるのとどう違うのでしょうか。
そもそもそれは5月病なのでしょうか。
5月病になるということにも、何らかのストレスの蓄積があった上でのことでしょうからね。
そして5月病は基本的には一時的な病です、場合によっては鈍感であることすらも求められるかもしれないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。