5月病の診断基準

とはいっても、毎月五月というわけではありませんから、5月病だと診断するべきなのかどうかは、なんとも難しいところですね。
そう思うと、5月病って非常に怖い病気だと、私なんかはすごく思ってしまうわけで。
生きているのに死んでいるという状況を、5月病であったとしてもひどいときには感じられてしまうのですね。

5月病からは離れますが、自殺願望があるという人は死にたがっているというだけではなくて、精神が死んでいるのと同じ状況、あるいはそれに近い状況にあるのではないかと。
そういう意味で5月病というのは、これがなかなか、死に近い病気ではないかと、こういう風に思ったりしますが、どうでしょう。
5月病の話をしているのに大げさだと思われるのかもしれません。
しかし、一度でもかかったことがあるのなら、5月病はもう一度かかりたい病気だとは思わないでしょう。
5月病にかかると、どうにかしてそこから自力で回復しなければならないのです。
これは、5月病の中では、特につらいところであるとは思います。

5月病の中には、本当につらい、生活に差し障るほどの症状をもたらすことがあることを忘れるわけにはいきません。
5月病だと自己診断して、そのまま放置せずに、そうなったならストレスの解消をしたりして、何とかしてよいほうに向かうようにすべきだと思います。
5月病の対策としては、それを取り除くこと、あるいは離れることが簡単な解決策となりえるでしょう。
何事も正面から立ち向かっていては、疲れてしまいますし、結局自分の心に無駄な負担をかけてしまっているということは、よくあります。
5月病は、面倒な病気だけに正面から立ち向かっていては疲れてしまうので、うまく切り抜ける手段について、考えていくことが大事なのではないかと思うのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。