5月病に関する産経新聞の記事

ゴールデンウィークを過ぎた頃から、その症状は猛威を振るい始めたりするのですが、近年では、学生の5月病は減ってきているという話を聞きました。
5月病の影響で講義の出席率が、目に見えるように低下しますからね。
まあ、5月病で講義を欠席し始めた結果、最終的にその学期をほとんど学校に来ずで過ごした人間を知っていますけれどもね。

5月病、先ほどの産経新聞の記事によれば、逆に新入社員で同様の症状が起きることが増えてきているということについて述べられています。
新入社員の場合、研修がありますから、四月からすぐに仕事が始まるわけではありませんよね。
そういった入社してからの新人研修を終えて、実際の仕事に就いた後の六月頃に症状が現れることから、5月病ならぬ六月病と言われたりもするみたいです。
5月病は本当に厄介なものだと思います。
一般的に5月病の症状としては、やる気が出ない、思考力や判断力が落ちる、なんとなく落ち込んでいるとか、そういった曖昧でたちの悪い症状が現れがちですね。
どうにも煮え切らなくて、焦って失敗したりして、余計に悪循環に陥ってしまったりと、5月病になると、なかなかままならないところでしょう。
先ほどの産経新聞の5月病に関する記事には、まだ続きがあります。

5月病といっても馬鹿にはできません。
特に仕事のストレスから、精神をわずらって、自殺にまで至るケースが非常に多くあるというのです。
最初は5月病だからという理由でやり過ごすことができたとしても、いつかは心に限界が来るでしょう。

5月病になることが死につながるとまでは言いません。
5月病にかかったときは、必要以上に悲観したりする必要はありません。
でも、もし、自分が絶対に理不尽すぎる、許容の範囲外にあることをさせられている場合、己の心に従うことを忘れてはならないのではないでしょうか。
5月病に対する解決策は、素直になることではないかと私は考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。