5月病の対策法

確かに、5月病のように精神から来る病というのはかかっていない人からすれば、馬鹿らしいとまでは言いませんが、ひどくどうでもいいもののように扱われがちではあります。
けれども本人は、5月病でも下手な風邪なんかよりも苦しんだりしているので、どうやってかその状態を抜け出さなければいけません。
特に、精神の変化が病気を招いてしまうということも、5月病に関しては多くありえるのではないかと思います。
つまりは、5月病を甘く見ないほうがいいということが言いたいのです。

5月病というのは、かかる人、かかりにくい人が、それぞれいる病気なのかもしれません。
そして、5月病の症状が重い人も、比較的軽いという人だっているでしょう。
人間の精神というものは、体力と同じように、いえ、むしろ体力以上に個人差があるものではないかと、個人的に考えています。
そもそも、5月病の定義、原因というものは諸説ありますが、代表的なものを上げるとするならば以下こういったものでしょう。
これが5月病だといわれているわけですが、しかしそうだとすると、個人差が大きいのもなんとなくわかるというものです。
それは先ほど言ったように、5月病そのものに対する個人差ということもあるでしょう。

5月病は働く場所の違いというのも、その症状に多く影響を与えるかもしれないでしょう。
ちょっとした人間関係を作るのにも、いろいろ気苦労が付きまとうのは仕方のないことかもしれません。
ですが、そこには5月病対策としてのヒントが隠されているような気がします。
5月病には、本当に人それぞれ違いがあると思います。
それこそが5月病への有力な対策ではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。