Warning: Undefined array key "page" in /home/c6252937/public_html/tv2han.info/wp-content/plugins/batch-cat/admin.php on line 147

3Dテレビのメガネ

ただ、3Dテレビ用のメガネは、テレビに1台しか同梱されていないので、2人以上で利用する場合は、別途、メーカーの純正オプションのメガネを買わなければなりません。
そんなわけで、最近では、主要メーカー各社の3Dテレビに対応した、安いメガネが登場しています。
このメガネは、主要メーカー各社の3Dテレビに対応した、3Dグラス400-3DGS001というもので、価格は7800円です。
普通、メガネを3Dテレビの3D立体コンテンツに利用する場合、テレビから送られる赤外線信号を受信しています。
しかし、3Dテレビのメーカーによって、赤外線信号の方式が違うので、A社のメガネをB社のテレビで利用することは基本的にはできません。
3Dグラス 400-DGS001は、各社の最新3D信号に対応しているので、3Dテレビ本体にあるテレビセレクトボタンを押すだけで、どのメーカーでも見ることができます。
つまり、このメガネは、自動的に各3Dテレビの3D信号に同期するようになっているのです。
では、3Dテレビのそれぞれのメガネの着け心地というのは、一体、どのような感じなのでしょう。
そして、3Dテレビ用のメガネには、ノーズパッドのサイズや、位置を調整できる機能などもあります。
各社共に、メガネの着け心地に関しては出来るかぎりの工夫をこらしていて、もちろん3Dテレビ用のメガネは、普段のメガネをかけたままでも装着可能です。
3Dテレビ用のメガネは、さすがにずっとかけていられるほどの代物ではありませんが、映画を観る2〜3時間程度なら問題のない着け心地になっています。

3Dテレビ用のメガネの単体価格は、発売前予想は、20,000円程度と言われていました。
そうしたことから、今後の3Dテレビ用のメガネも、1万円以内のものがほとんどになるでしょう。
実は、メガネなしの3Dテレビというのも、今後は、発売予定のようです。