データのアップロード

個人のコンピュータから個人のコンピュータへとデータ送信する場合には、アップロードと呼ばれる事はありません。
なぜアップロードするかというと、目的は人やデータによって異なるのdえ一概には言えませんね。
ただ、データの遣り取りという一つの大きな目的が存在します。
メールでは対応しきれない大きなサイズのデータなどを送受信する際に、アップロードサービスは重宝するでしょう。

アップロードする目的はデータの遣り取りだけでなく、コンテンツとして楽しむ目的もあるでしょう。
動画サイトによってはアップロードされた動画に対してコメントを付けることが出来、簡単なコミュニケーションの場にもなっています。
動画を動画サイトにアップロードすれば、一瞬で世界中に配信されたのと同じ意味を持ちます。
なので、アップロードするデータに何が入っているかは事前によく確認しておきましょう。
アップロードした後で個人情報が紛れ込んでいた事に気付いても、データを完全に回収するのは非情に困難です。
アップロード先に置かれているデータを削除しても、その先でダウンロードされたデータまで手が届きません。
ネットワーク上にデータをアップロードするという事は、手軽に行われているのに対して大きなリスクが伴います。
自分がどんなデータをアップロードしようとしているのか、そもそも必要なのかを考えてみましょう。
アップロードして楽しむはずが、取り返しの付かない事をしてしまったのでは何にもなりません。
また、当たり前の話ですが著作物を勝手にアップロードする事は禁止されています。
法整備も進んでいるので、軽い気持ちで迂闊な事をしないようにしましょう。
アップロードについて詳しくは、ブログやサイトから情報収集することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。