熱帯魚の飼育と魚の種類

そうなるので、産地もグループもサイズも水質も様々な熱帯魚を、熱帯魚の飼育ですることになります。
色んな種類の魚が、水槽にひしめき合うだけでも、熱帯魚の飼育は、十分に楽しむことができます。
とにかく、色んな種類の魚が水槽の中にいるだけで、熱帯魚の飼育の初心者は、楽しむことができます。
つまり、最初は種類にとらわれず、何でも好きなものを熱帯魚の飼育で、飼ってみるといいでしょう。
数百または数千種類の熱帯魚の種類を熱帯魚の飼育で飼っていると、今度はひとつのグループにやがてのめり込んでくるようになります。

熱帯魚の飼育は、色んな種類を最初飼っていても、いつしか得意分野を持つようになるものです。
コレクションの次にあるのは系統維持で、熱帯魚の飼育では、まず、種類の繁殖方法を確立し、次に同じ種類を産地ごとに血統を維持していきます。
色んな種類がある中、熱帯魚の飼育で難しいと言われているのは、チョコレートグラミーですが、これは初心者が飼っても大丈夫です。
もっともこれらの種類よりもはるかに熱帯魚の飼育が難しい熱帯魚というのも、あるにはあります。

熱帯魚の飼育で、飼うのが難しい種類は、色々ありますが、上級アクアリストが繁殖したペアを通販で入手することも可能です。
色んな種類の熱帯魚の飼育を飼いたいなら、できるだけたくさんの環境を作ってみることが大事です。
例えば、ある水槽にはソイルを敷いて外部式フィルターを使い、ある水槽にはサンゴ砂を敷いて上部式フィルターを使ったりして、熱帯魚の飼育で幅を利かすことです。
初心者にとっては、熱帯魚の飼育では、どれが易しく、どれが難しいということもないのです。
つまり、熱帯魚の飼育では、自分の興味のおもむくままに、一番やってみたいことから始めればいいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。