衣替えに使用する防虫剤

衣替えをする時、しまう衣装には防虫剤を入れることが一般的。
大切な衣装が虫に食われてしまっては大変ですので、防虫剤を入れて、虫が寄り付かないようにしておくのです。
この作業をしておかないと、次の季節に「いざ衣替えをしよう」と思っても、「虫食いで洋服が穴だらけ」と言うことになってしまうから、大変です。
今は、そんな衣替えに使用することができる、たくさんの防虫剤が販売されています。
防虫剤は使い方も簡単ですし、衣替えのときに私たちがきちんと洋服を守ることができるよう、使い方に応じたタイプのものも販売されてるのが嬉しいですね。
さて、では衣替えのときに使用する防虫剤はどう選べばいいのでしょうか。
そう、防虫剤をどう選ぶかで、無事に衣替えができるかどうかが決まるのです。

衣替えに使う防虫剤なら、まずは「種類を統一することが大事」です。
防虫剤には色々な種類がありますし、つい「別の防虫剤も試してみたい」と思ってしまいますが、衣替えのときの防虫剤はきちんと統一をしなければなりません。
せっかく衣替えで衣装を取り出して着ようと思ったら、薬品でぐちゃぐちゃになっていた・・・なんてこともあるので、防虫剤はある意味怖いのです。

衣替えのときにと買う防虫剤には、相性もあるそう。
あやまって相性が悪い防虫剤を選んでしまうと、衣替えで衣装を変えようというときに、洋服に悪い影響が出ている可能性もありますので、注意しましょう。
また、衣替えの際には正しい防虫剤の使い方をしなければなりません。
同じ防虫剤でも、衣替えのときにどんな使い方をするかで、効果は大きく変わるとか。
防虫剤を正しく使うって、衣替えにはとっても大切なことなのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。