衣替えの時期

衣替えの時期とは、一般的に何月になるのでしょうか。
私たちが知る衣替えは、6月と10月に行われることが多いです。
このふたつの月の一日を、衣替えとしているところが多いのです。
6月は、一般的に「暑い日が多くなる月」と言うこともあるので、だから衣替えの月として決められたのかもしれません。
5月までは春と言う印象がありますが、6月になると夏の前触れの様な季節になり、衣替えをするまでもなく半そでを着用することが増えます。
だから、6月は「衣替えの月」と言われているのでしょう。
これまで、暑い日もあったのに、10月になるととたんに肌寒くなり、ジャケットを着ることも増えるので、この月を衣替えとしているのかもしれませんね。
いずれにせよ、この二つの時期をきっかけに衣替えは行われますので、両方の月になると「季節が変わったんだな」と思うことが増えるかもしれません。
西日本だと、10月になってもまだまだ暑い日があるので、衣替えがあったとしても、着替えを強制することがないのだそうです。
最近は、東北でも衣替えの日にちをはっきり決めないことがあるとか。
昔と今では天候にも違いがありますので、衣替えがもつ意味も少しずつ変わってきているということになるのかもしれません。

衣替えは、それでも一年の中でささやかな行事のひとつ。
衣替えをすることによって何が変わるというわけではありませんが、季節のうつりかわりを実感することができる行事として、これからも大切にされていくでしょう。
日本は四季がはっきりしている国ですので、衣替えをするということは、その季節の移り変わりを実感することができるということにもなります。
また、衣替えのために箪笥の中身を交換するための目安としても、時期を見ておくといいかもしれません。
衣替えは、日本において季節を実感することができる行事として、定番化していくことでしょう。
今後も、日本の大切なイベントとして、衣替えは残っていてほしいと思いますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。