Warning: Undefined array key "page" in /home/c6252937/public_html/tv2han.info/wp-content/plugins/batch-cat/admin.php on line 147

変額年金保険の元本保証

変額年金保険に加入している人は、元本保証のあるタイプを利用している人の割合が圧倒的です。
そうしたことから、大手の保険会社は、こぞって、元本保証タイプの変額年金保険を続々と販売開始しています。
元本保証タイプの変額年金保険は、年金原資の一時払い保険料について、目減りした時でも、会社が最低保障をしてくれるというものです。
それだけを考えると、元本保証タイプの変額年金保険はとてもおいしい保険商品に見えますが、そこには落とし穴があります。
細かい仕組みを考察していくと、元本保証タイプの変額年金保険は、あまりおすすめできない商品であることがわかります。

変額年金保険で、元本保証タイプのものは、契約初期費用が、一時払い保険料から差し引かれることになっています。
しかも、その費用は、5%前後と大きいので、元本保証タイプの変額年金保険は、余計なお金がかかります。
また、元本保証タイプの変額年金保険の場合、年金を受け取る際にも、保険関係費というものが差し引かれるので、ホントに色々と手数料がかかります。
また、手数料以外にも、元本保証タイプの変額年金保険には問題があり、保険会社が財務リスクを抑えるため、債券や公社債などの安定型資産運用の選択を迫られることです。
安定型資産運用は、プラスに転じてもその幅は限定されるので、元本保証タイプの変額年金保険は、運用利益はあまり期待できません。

変額年金保険で元本保証タイプを選ぶと、高い収益が望めないというデメリットがあります。
ただ、元本を守るためだけに、元本保証タイプの変額年金保険を利用するというのは、頂けません。
そのことから、元本保証タイプの変額年金保険を契約した人は、高利回りを実現できる可能性はほとんどありません。
また、元本保証タイプの変額年金保険は、手数料が非常に高いというデメリットもあります。