Warning: Undefined array key "page" in /home/c6252937/public_html/tv2han.info/wp-content/plugins/batch-cat/admin.php on line 147

防水のWEBカメラ

 

USBケーブル長が7mもあるWEBカメラに便利なものが出現していて、今話題になっています。

ロングタイプのUSBマイクロスコープが登場して以降、WEBカメラには、防水性が発揮できるようになりました。

実売価も安く、今後は、このケーブルがWEBカメラを防水として利用できる足掛かりになることでしょう。

3,980円という値段で、防水としてWEBカメラを利用できるのであれば、これはとても有意義なことです。

USB接続で使える30万画素のWEBカメラがあり、いわゆるUSBマイクロスコープになります。

WEBカメラで防水を発揮させるには、ケーブル長が1m前後ではダメで、製品的に7mという長いケーブルがおすすめです。

IP66/IP23等級のWEBカメラは、防水性を備えていて、排水口の検査や自動車の整備などの利用におすすめです。

使用可能温度は最大65℃で、湿度は15〜85%となっていて、それにプラスして防水を発揮するWEBカメラです。

カメラ経は10mm、ケーブル経は5mmで、重量は220gと非常に扱いやすい、防水性のあるWEBカメラです。

対応もWindows 7、Vista、XPと多彩で、防水のWEBカメラはとても便利で、様々な用途に利用できます。

WEBカメラは、防水できるものがおすすめで、パソコンに接続するとカメラとしてしっかり認識されます。

USBケーブルでWEBカメラを接続すると、ケーブルの距離に問題があって、外で防水上、すぐ壊れる心配があります。

あらゆる屋外においての防犯対策には、WEBカメラが役立ちますが、やはり、防水性のあるものがいいでしょう。

最近では、多くのところで屋外用の防犯カメラが設置されるようになりましたが、役立つのが防水対策の施されたWEBカメラです。