携帯式灰皿の革カバー

携帯式灰皿のイメージというと、小銭入れのような形状をしたソフトタイプを連想される方は少なくないでしょう。

多くは表面がビニール素材で、値段も100円から購入出来るため携帯式灰皿としては最もポピュラーかもしれません。

このソフトタイプの携帯式灰皿をノベルティに、何かを宣伝する企業も少なくありません。

なるほど、確かに表面裏面と印刷部分は多く喫煙時であれば目に入る場所となるため、ソフトタイプの携帯式灰皿は宣伝効果抜群かもしれませんね。

もちろん安いので壊れるたびに買い換える事も可能ですが、どうせなら長く愛用したくなる携帯式灰皿を見つけてみませんか。

また、素材についても金属から革のように、携帯式灰皿として置いとくのが勿体無くなるようなものまであります。

携帯式灰皿のなかで、一際異彩を放つのが革を使用したタイプではないでしょうか。

単純に革を使用していると言っても、ベースとなる携帯式灰皿の形状によって表情は大きく変わってくるでしょう。

コインケースとしても使えるほどスタイリッシュであったり、かと思えば吸殻を捨てる事に特化してあったりと携帯式灰皿選びは非常に面白いです。

如何でしょう、傍から見ればどう考えても携帯式灰皿だったものが、まるで違ったものの様に映るかもしれません。

投売りされている安価な携帯式灰皿も、コスト的には良いのですがせっかくなら上質なものを持ちたいと思いませんか。

名入れが出来るのは、革であればこそ成せる技です。

格好いいメタル調の携帯式灰皿も良いのですが、若干年齢を選ぶかもしれません。

本人の落ち着いた雰囲気と反し、携帯式灰皿がガチャガチャしていると何だかチグハグな印象を与えてしまいかねません。

そこで、革巻きの携帯式灰皿が登場するという訳です。

革の落ち着いた風合いは、持つ人を選ばず携帯式灰皿としての役目も果たしてくれるのです。

ブログやサイトから、革製の携帯式灰皿についてチェックしてみる事をお勧めします。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。